ホームセキュリティーについて

最近、近所で空き巣被害が多く、団地中が戸締りには細心の注意を払うようになってきました。ホームセキュリティーについては、色々な警備会社が手掛けており、よく外から見てもその会社のシールで、個々の警備会社と契約していることが、犯人を含めて第三者にわかるようになっています。しかし、考えようによっては、警備会社と契約するほどだから、屋敷の中には多額の資産が置いてあるんだな、と推測されてしまう危険性もあると思います。また、センサーが反応しても警備員が到着するまで、大なり小なりタイムラグがありますので、その間に事を済まされて逃げられてしまえば、元も子もないのではないでしょうか。私が今考えている防犯対策は、自宅を組事務所と間違えるようなアイテムを置いておくことです。外から見て「○○組」と書いてある提灯がガラス越しに見えるとか、家紋入りの黒いステッカーが表札の隣に貼ってあるとか・・・。当然近所の人には事情を通しておきます。空き巣に入って失敗したら、命を捕られないまでも小指を置いてくる羽目になるかと思うと、犯人も自ずと避けると思います。